subscribe

You can update this text in your control panel, under Theme Options. Nam massa. Ut tempor augue non sapien lobortis aliquam. Maecenas.

6月 13th, 2014

混合栓取り換え工事にアクシデント、

先般、水周りと言われる台所の流しの部分、お湯と水を混合して使用する混合栓を新しいのに交換しました。 今までは混合栓でも捻り・コック部分が湯と水に分かれていて、温度調整が面倒なのに気が付いたのです。 今ではワンタッチ式で適度に湯と水が混合されて出てくる、新しいタイプのが市販されているのです。
息子が水道工事屋へアルバイトした経験を生かして、工事をすることになったのですが、専門職人に依頼すると余計なお金がかかるという理由もあったのです。 兎に角、と二人でホームセンターで買い付け、早速取り換え工事を行いました。
ところが、古いのを取り外す時、水の方はすぐ外れたのですが、お湯の方は無理して外したせいで、取付部分が破損してしまいました。 
暫く思案しましたが、湯の配管は幸いに耐熱性のプラ管(プラスチック製)でしたので、今度は配管から工事をする羽目になったのです。 プラの配管は接着剤があれば素人にでも出来ます。  壁内配管を外部配管に切り替え、壁をぶち抜いて何とか器具を取り付けることが出来ました。 
1日がかりでしたが、最新型の混合栓の材料と配管材料の費用のみの安い料金で、何とか工事を完了することが出来ました。

No
Comments
6月 10th, 2014

新築から15年経ち、色々な所の不具合が目立ち始めました。
水回りでは、トイレや流しやお風呂場です。
トイレは、まずウォシュレットの水が出なくなりました。
これは、交換となると高額なので、ウォシュレットをあきらめ電源を抜き、座面にシートを敷いてます。
次にお風呂場。
お風呂場は、シャワーヘッドを節水型の変え、蛇口は根本がグラグラして安定しなくなったので取り寄せて交換しました。
流しの蛇口は何かが甘くなったのか、閉めてもチョロチョロ水が出てくるので、蛇口を買ってきて交換に挑戦しました。
これがいけなかった!!
まず、蛇口が外れない。
ネットで交換の仕方を検索し、その通りにやろうとしますが、外れない。
後でわかった事なんですが、15年もたつと錆びて少しぐらいじゃナットが回らないんですね。
すぐ出来るだろうと安易に考え、頑張るものの全然動きません。
台所の下の部分も特殊な形状で、狭くて見にくくて大変でした。
結局4時間格闘しましたが、外れずに断念しました。
でも、このままでは良くないので、お世話になってる大工さんに連絡してきてもらい、交換していただきました。
大工さんでも、ナットが外れず、蛇口を切断しました。
お金をかけずに交換しようとし、4時間かかり、大工さんに頼み5千円かかりました。
あとには疲れしか残りませんでした。
最初から頼めばよかったんですよね。
多少の出費覚悟で。

No
Comments
6月 9th, 2014

家が古くなってくるとどうしても気になるのが水回り。
使う頻度が高いので、汚れやカビ、破損などが出てきます。
築20年だとそろそろリフォームしたくなる頃ですが、汚れたから・壊れたから以外にもリフォームのメリットがあります。
それは、20年たつと時代に合わなくなっているという事です。
20年前のキッチンはアイランド型や幅広カウンター型なんてほとんどありませんでした。それが今では普通になりました。洗濯機もドラム式になり、ユニットバスも多機能に。自動洗浄トイレなんて夢物語でした。

せっかくリフォームするならば、生活の質を上げるために同じスタイルの物を同じ場所につけるのではなく、新しい生活スタイルを考えてみるのがよいと思います。予算と間取りが許すなら、水回りの配置も便利に変えてみるのはどうでしょうか。

また、お風呂を直す場合、省エネ対応のユニットバスを選んでください。格段に違います。お風呂のリフォームは場合によっては構造自体も修理が必要となり掛かり増ししやすい部分ですから失敗はなるべく避けたいですね。

No
Comments